Mediabox 100% green energy colocation facilityセキュリティ、信頼性、持続可能性は、MyMediaboxのデータセンターの最優先事項です。

グローバルなブランドライセンシング業界にサービスを提供するクラウドベースのテック企業として、ライセンサーは貴重な知的財産の安全性を確保するために当社に信頼を寄せており、ブランドの収益性を最大化するために迅速で中断のないサービスを提供するために当社を信頼しています。このような優先事項を保証する誠実さに駆られて、当社は最近、オピン・ケリフの新しい100%を選択しました。 持続可能な最先端のTier IIIデータセンター アイスランドでは、ヨーロッパのプライベートクラウドサーバーを収容しています。

Opin Kerifとの提携は新しいものではありません。数年前、MyMediaboxがヨーロッパのお客様の処理速度を向上させるために専用のサーバーを設置するためにアイスランドのコロケーション施設を探していたときに始まりました。

なぜアイスランドなのか?

私たちは、すべての企業が二酸化炭素排出量を小さく抑えることが重要だと考えています。アイスランドは、クリーンなエネルギー源からのエネルギー生産を自給自足している世界で唯一の国なので、当社のサーバーに電力を供給するのは自然な選択でした。 

"年間を通しての月平均気温は-1℃~10℃で、アイスランドの気候は夏場でも自由に冷房ができるため、電力コストの大幅な節約につながります。 発電量は100%で、再生可能な水力・地熱発電をベースにしており、安価で利用可能性が高く、豊富で予測可能です。 また、アイスランドは、ヨーロッパ本土や北米との良好なファイバー接続を有しています。サイバーセキュリティやデータ保護に関するEUの規則や規制がアイスランドで直接適用されており、データセンターから提供されるサービスが準拠しており、安全で利用可能性が高いことを意味しています。"(源流)

古いデータセンターはアイスランドの首都レイキャビクから車で 1 時間の距離にありました。その離れた場所にあるため、当社のハードウェアを修正するために訪問しなければならない場合、移動コストと時間が増加し、物流を複雑にしていました。そこで、2018年にOpin Kerifが以下のようなデータセンターを建設する計画を発表したとき、私たちの関心はすぐに高まりました。 レイキャビクDC。 新しい 首都からわずか数分の場所にある、ハイエンドで技術的に高度な完全に持続可能なデータセンター。2020年には、この新しいコロケーション施設が開業しました。

Opin Kerifの広報担当者は、「このデータセンター施設は、多くのデータセンターが満たしていない厳しいTier IIIの要件を完全に満たしています。これは、すべての接続(電気、インターネット)が二重に保護されていることを意味し、何かが切断されても通常通りの運用が継続されます。また、すべての冷却とインフラも二重化されているため、あるシステムに障害が発生しても、別のシステムがシームレスに引き継ぐことができます。私たちは自信を持って、この施設は災害に強いと言うことができます。(源流)

2020年9月に プレスリリースOpin Kerifは、レイキャビクDCにMyMediaboxを迎え入れました。リリースの中で、Mediaboxの創設者でありCEOのEric Rennagel氏は、「MyMediaboxはヨーロッパ中の様々なデータセンターを徹底的に調査し、地理的に安定したロケーション、非常に競争力のあるコスト構造、北米とヨーロッパ間の卓越した接続性を考慮して、Opin Kerfiが総合的な価値と利便性で最も優れていると判断しました」と述べています。今後の成長のうち33%がヨーロッパの顧客やユーザーからのものであることを考えると、今後も長年にわたってOpin Kerfiを通じて提供されるサービスを拡大していきたいと考えています。"

 

MyMediabox製品には以下のようなものがあります。 MyMediaBox-PA 製品の承認)。 MyMediaBox-RM (契約・権利・使用料管理)と MyMediaBox-DAM (デジタルアセットマネジメント、スタイルガイド配信)をご紹介します。ライブデモを見るには お問い合わせはこちらから.