FIBA, MyMediabox, Product Approvals, Digital Asset Management, Royalties Management

アトランタ - 2014年4月14日 - スイスに本拠地を置くバスケットボールの世界的な統括団体であるFIBA(国際バスケットボール連盟)は、パートナーやライセンシーとのマーケティングや製品承認プロセスを改善するために、MyMediaboxのアプリケーションスイートを選択しました。

長年、マーケティングや製品の承認を電子メールでやり取りしてきた健常者は、これらの電子メールの量を削減し、承認を簡単に管理できるプロセスが必要であることに気づきました。"健常者の皆様をMyMediaboxファミリーにお迎えしました。MyMediaboxのCEOであるEric Rennagel氏は次のように述べています。「Mediabox-PAのようなオンラインシステムを使用することのメリットをすぐに実感していただけると確信しています。

FIBAは、非公開のMyMediabox-PAサイトを利用することで、承認プロセスを合理化し、プライベートクラウドベースのプラットフォーム上で社内外のコミュニケーションを改善することができるようになりました。

健常者の方について
バスケットボールの世界統括団体である FIBA は、世界中の 213 のバスケットボールの国内連盟によって形成された独立した団体です。国際オリンピック委員会(IOC)は、バスケットボールの唯一の権限を持つ機関として FIBA を認めています。FIBA は非営利団体であり、原則として、その利益のために経済的性格のいかなる目的も追求しません。FIBA の本部はスイスのミースに設立されています。

MyMediaboxとは?
2001年に設立されたMyMediaboxは、消費者製品のライセンサーと代理店が効率的で効果的なビジネス関係を築くことを可能にします。MyMediaboxは、オンラインソリューションのスイートを通じて、価値あるブランドとプロパティのための高水準のクリエイティブと製品開発のサポートを維持しています。MyMediaboxのアプリケーションには、Mediabox-DAM(デジタルアセットマネジメント)、またはスタイルガイドのアセット配信、Mediabox-DM(ディールメモ)に直接リンクするリアルタイムの製品承認ワークフローアプリケーションであるMediabox-PA(製品承認)があり、ライセンシーが契約条件に基づいて開始できるプロジェクトの種類を制御することができます。